もう更新はありません
<< キレイに main 桃色 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
マント
ヴィンセントのマントについて考えてみました。


創作サイトさんを見ているとヴィンセントのマントは「宝条が用意した」とか「神羅屋敷に元からあった」とか、そういう理由が多かったのですが、私最近あのトレードマークの(ダサい)マントはタークス時代から私服として愛用していたのではないかと思いました。
だってオヤジも似たようなマント着ていたでしょう?そういう家なのきっと!
一度殺されかけて肉体を改造されたヴィンセントは、神羅やタークスからきっと存在を抹消されている筈。死亡したことになってる筈。真面目なヴィンセントさんはもうタークスではないから私服に着替えました。護衛で遠くに赴任して来たんだもの、私服くらい屋敷に持ってきてるでしょう。
もしくは実験等でスーツもかなりくたびれてしまったし、全裸で放置するわけにもいかないから私服置いとくか、目が覚めたら着替えるだろうよ。
という感じでとにかくあれはヴィンセントの私服だった説。多分これ新説だと思うの!(笑)

え?馬鹿にしてるんじゃないよ?

宝条が用意するならもっと簡素な服な気がするし、もし他人が用意したならルクレツィアかな…。オヤジに似せたのはオヤジへの恋心から?そうだったらルクレツィアのセンス疑っちゃうぞっ☆全然悪いことしたとか思ってないでしょ。服装が最早与えられし罰ですよ。とにかくあれは私服だったのではなかろうか。神羅屋敷に元からあったにしてもあのマントがあるのは不可思議だ!というわけであれは私服です。

まあ私服だったらやだけどね!
FF7 comments(0)
スポンサーサイト


- -
comment

message :


S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Mobile
qrcode
Sponsored Links